管理人の管理人による管理人の為の掃溜め。
    スポンサーサイト
    --年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2

    「ラブライブ! 5 周年記念フレーム切手」
    2014年12月19日 (金) | 編集 |
    絵馬やお守りで年末を沸かせた「ラブライブ!」ですが
    またもや年末年始とやってくれるみたいですよ(*>ω<*)

    しかも今度は日本郵政グループから発売される
    「ラブライブ! 5 周年記念フレーム切手」

    プレスリリース
    オリジナル フレーム切手セット
    『ラブライブ! 5周年記念フレーム切手』の販売開始

    画像 1230

    セット構成は
    フレーム切手 1 シート 52 円切手×10 枚
    A3 二つ折り台紙 ×1 枚
    クリアファイル×1 枚

    で販売価格は1セット2,000 円(税込)

    また
    題字には「販売開始」と書いていますが実際に開始されるのは

    (1)2014 年 12 月 28 日(日)~ 12 月 30 日(火)
    ・コミックマーケット 87(東京ビックサイト)

    (2)2014 年 12 月 28 日(日)から
    ・東京中央郵便局

    (3)2015 年 1 月 15 日(木)から
    ・全国各都道府県の中央郵便局
    ・東京都のみ、別添記載の郵便局でも販売

    だそうです。

    全国の郵便局での販売に先駆け、
    コミックマーケット 87にて数量限定で先行販売されるそうです。

    webでも販売されるそうなので絵馬の時みたいに並ばなくても
    大丈夫かな?

    といいますか、東京以外の郵便局で買うとなるとちょっと大変かも…
    中央郵便局のみだから都道府県に各1箇所しか無いし(~_~;)

    千葉県で買うとなるとあのへんぴな場所まで行かないと駄目なのかorz

    興味のあるかたは上記リンクからどうぞ♪
    自分用メモのつもりだったけど宣伝みたいになってしまった(爆

    【追記 2015/1/15】
    実際に購入できたかはこちらで記事にしました!
    【ラブライブ! 5 周年記念フレーム切手のゆくえは…】
    web拍手 by FC2

    スポンサーサイト
    テーマ:アニメグッズ
    ジャンル:アニメ・コミック
    『RamPhantomEX』についてちょっとメモ。
    2013年12月08日 (日) | 編集 |
    毎回なにかと問題を出してくれる
    IO-DATA販売の『RamPhantomEX』
    ですが、「Windows8」上で起動させたまま「Windows8.1」に
    アップグレードしたら、ご期待通りまた色々面倒なことになったので
    メモっちょ(~_~;)

    【問題:】
    「起動時にRAMディスクを有効にする」のチェックがハズレて
    次回起動するとRAMディスクが作られない。

    毎回、これに遭遇した時はOS起動後に手動でRAMディスクの作成で対処
    していたのですが、チェックが外れない時と外れる理由が分からないのと
    面倒なので「Windows8.1上で再インストール」してみました。

    対応表では
    Windows 8.1対応製品リスト
    http://www.iodata.jp/pio/os/win8_1/
    では微妙でしたが、ここのクソ対応待ってても来年になるのは
    間違いないですし(笑

    で、ここでハマったのが
    RamPhantomEXの再インストールが出来ない(´Д`|||)
    クリックしても反応しない…
    おぉぉ、これはかなり斜め上の結果(´;ω;`)

    互換性等色々変更して見るもダメで、管理権周りかと思い
    1度「Administrator」でログインしたら起動しやがった(# ゚Д゚)

    ということで、ローカルアカウントで自分自身を管理に追加して
    フルコントールにしてやったらインストーラーが起動した…
    アカウント自体はAdministratorに属してるはずなんだが(~_~;)

    まぁ、ここはWindows8.1がアホの子と言うことだったのですが、
    今度はインストールが完了しない!(爆

    こんなのばっかりで嫌になるわ(~_~;)
    ということで、吐かれたエラーは
    「データベース : C:\Windows\Installer\inprogressinstallinfo.ipi。
    データベースファイルを開くことができません。
    システムエラー -2147287037。」


    データベース?((ヽ(;´Д`)ノ))
    なんて感じになりましたが、調べてみたらなんてことは無く
    「環境変数」のパス設定がおかしいだけみたい。

    今までTMP/TEMPをRAMディスクにしていたのがダメだった様で
    初期設定の「c:\windows\temp」にTMP/TEMPのパスを変更してやったら
    問題なくインストール完了しました(~_~;)

    そういえば、昔にも環境変数でハマった気がするぞ(爆

    ということで、再インストールしてみたら
    RamPhantomEXのチェックが勝手にハズレてしまうのが直りました!
    まさか再インストールで直るとは思いませんでしたが
    これで安心して起動できる(´ω`*)

    【結果:】
    チェック設定が反映されない時は再インストールで解決!
    でも、環境変数の変更忘れずに。

    うぉぉ、私の半日返してくれorz
    web拍手 by FC2

    テーマ:ソフトウェア
    ジャンル:コンピュータ
    エルゴヒューマンレビューと問題解決点。
    2013年08月03日 (土) | 編集 |
    遙か以前にこちらのブログで記事にしました
    『Ergohuman plus (エルゴヒューマン) 』ですが、
    そろそろ購入してから5年が経とうとしております(^_^;)

    正確には今年の10月で購入・使用してから5年となります。

    ということで、5年経ったレビューと発見などをちろっと
    書いてみようかと…

    以前書いた記事(Ergohuman plus (エルゴヒューマン) 購入!】
    を見て貰えば分かるのですが座面など体に触れる部分が
    オールメッシュ素材となっていて、購入当時は弾力や張りなどの
    耐久性が心配でしたが、5年毎日座っていますが目立ったヘタリ
    などはありません。

    もちろん購入時と全く一緒と言うことはありませんが、
    「馴染んできた」言うべき柔らかさになっています。
    購入当時は"反発"ってくらいのビンビン状態で座りにくかった。

    あとは椅子の調整に使われているレバーやそれに繋がっている
    ワイヤーなども一切の錆や動作不良はありません。
    まぁ、このへんはあまり弄らないというのもあるんでしょうけど…

    全体的にまだまだ買い換えを考えるレベルには達しない
    素晴らしい椅子状態となっております。


    と、良いこと尽くめではあるのですが
    購入してから1点だけ不満なところが有り、5年間ずっと
    我慢してきたのですが不意に触ったチルト機能により
    解決されたのでメモ書きしておこうかと思います。

    "長く座っていると座面の先の部分が腿の部分に食い込んでくる"


    テーマ:日記
    ジャンル:日記
    印章・印鑑の変更作業済み
    2013年03月25日 (月) | 編集 |
    この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
    パスワード入力
    web拍手 by FC2

    製品版Win8 音が出ないの対処法
    2013年01月14日 (月) | 編集 |
    以前の「Win8 お、音が出ない!」にて纏めましたが
    音が出る要因となったことを個人的にまとめ。

    我が家で使用しているPCはマウスコンピューターの
    「LuvBook K シリーズ」LB-K****って表示されます。

    で、こちらはマウスコンピューター独自のマザーなどを使用しているため
    サードパーティーからドライバーをダウンロードしても使えないことが多い。
    その為、マウスコンピューターHPにアップされているドライバーを使用する。

    Windows8のドライバーに関しては、インストールは問題なく出来るものの
    Audioドライバーを普通にインストールして再起動すると音が出なくなる。

    サービスなどは問題なく動作して音が鳴らなくなった場合は、
    Windows8の完全シャットダウンを行うと直る。


    ▼完全シャットダウンとは
    Windows8のシャットダウンには「通常シャットダウン」と
    「完全シャットダウン」があり、BIOS画面の表示もしくはメモリや
    ハードディスクなどの増設作業を行う場合は、完全シャットダウンを行う
    必要があります。

    どうやら、「LuvBook K シリーズ」のAudioサービスがこれに当たるようで
    完全シャットダウンを行わないと音が鳴らなくなる。
    なので、このシャットダウン以外の再起動では音が鳴らなくなる。


    ▼完全シャットダウンのやり方

    Windowsキー+Xキーを押し各種設定のメニューを表示します。

    次に電源オプションをクリックし電源オプション画面を表示します。

    次に電源ボタンの動作の選択をクリックし、
    システム設定ウィンドウを表示します。

    ここで、本当は高速スタートアップを有効にする(推奨)のチェックを
    外したいのですが、このままでは選択できないので、
    最初に現在利用可能でない設定を変更しますをクリックします。

    クリックすると、シャットダウン設定の部分が選択できるようになるので、
    高速スタートアップを有効にする(推奨)のチェックを外します。

    これで、チェックを有効にしない限り、次回の起動以降のシャットダウンは完全シャットダウンとなる。


    ▼個人的考察
    たぶん、高速再起動のスピードにサービスの再起動が追いついていない
    のかもしれない(~_~;)
    でもサービスを再起動しても音は鳴らないのよね…
    とりあえず、次のドライバー待ちなのかなぁ。
    web拍手 by FC2

    テーマ:Windows8
    ジャンル:コンピュータ
    Windows8インストール時メモ
    2012年12月29日 (土) | 編集 |
    やっとのことで年末進行を終えて年末休みに突入!
    ということで、以前「Windows8」インストール時に失敗した
    原因について個人的メモと言うかまとめ。

    ・Windows8をアップグレードでインストールすると、
     青く四角いロゴ(窓)が表示され、その下にクルクル回る無数の点が
     表示される所で止まってしまう現象は『マッハドライブ』を
     削除することにより回避出来た。

     インストール時の互換チェックでは引っかからないので注意。
     Windows8での動作確認は公式で認められているものの
     インストール時には対応出来ていないみたい。

    ・RamDiskのRamPhantomEXを起動したままWindows8にアップグレードすると
     Windows8上では動かなくなる。
     これによりRamDiskが作成出来なくなりデータのバックアップを
     復元出来ない状態に陥るので注意。
     
     そのままアップグレードしてしまった場合は、データのバックアップを
     取ったのちにRamPhantomEXをアンインストールして、再度Windows8上で
     インストールすると使用可能になるので、アンインストールする前のRamDisk容量と
     同じ容量を設定してRamDiskを作成した後にセーフモードで起動する。
     
     セーフモードではRamPhantomEXは起動しないので、この隙に
     アンインストール前にバックアップしたデータを上書きコピーする。
     念のため移動では無くコピーすること。

    拍手コメントは同記事のコメントにてお返事させて頂いております。
    web拍手 by FC2

    テーマ:Windows8
    ジャンル:コンピュータ
    Windows7の更新プログラム
    2012年11月17日 (土) | 編集 |
    今日の朝から困らせ続けていたWindows7の更新プログラムが
    無事に終了したのでメモ。

    今回の更新が9件。大きく分けると下記の3種類
    「Windows用更新プログラム」
    「.NET Framework 4 用セキュリティ更新プログラム」(KB2737019/KB2729449)
    「x64ベースシステム Windows7用カーネルモードドライバーフレームワーク」
    (KB2685811)

    上記3つを一緒にまとめてインストールしようとすると
    失敗してしまうので.NET関係のインストールチェックを外して
    「Windows用更新プログラム」のみをインストールすると問題なく成功!

    そして今回の下手人と思われる
    「.NET Framework 4 用セキュリティ更新プログラム」
    「x64ベースシステム Windows7用カーネルモードドライバーフレームワーク」
    上記2つはそのままインストールすると再起動時に
    「Windows 更新プログラムの構成に失敗しました。」と出てしまうので
    『TempのパスをRAMディスクから通常のC:\Windows\Tempに戻し再起動。』

    例)
    Z:\Temp → C:\Windows\Temp

    パスの変更は「マイコンピュータ」を右クックして「プロパティ」
    画面左の「システムの詳細設定」→「環境変数」
    この中にあるTEMPのパスを変更。

    パスを有効にする為に1度再起動。

    再起動後普通にインストールすると問題なくインストール成功!!
    今回はTempの場所が原因だった模様(ノω<;)
    パスをちゃんとRAMディスクに変更してるのに
    ダメなんておかしいでしょ!?ヽ(`Д´#)ノ

    起動する度に毎回更新に失敗して時間掛かるし、
    ほんとにこれからどうなるかと思ったわ!
    .NET Frameworkのセキュリティ更新プログラムには毎回困らせられてる
    気がする(´ー`A;)

    拍手コメントは同記事のコメントにてお返事させて頂いております。
    web拍手 by FC2

    テーマ:トラブル
    ジャンル:コンピュータ
    あひさなぐ5抜粋メモ
    2012年10月21日 (日) | 編集 |
    我が家にある本、全てといって良いほどブックカバーが掛かっているので
    読みたい本を探し出すのに一苦労するカオス状態。

    特に読みたい本が決まっていないときは適当に引っ張り出して
    ランダムで読んだりするのですが、そんな中たまたま引っ張り出した本が
    「あさひなぐ5」で、久々読み直してみたら気になる台詞があったので
    個人的メモ。

    『誰かを気にかける事。誰かが、自分を見ていてくれる事。
     それはとても、幸せな事だと思いました。』

    適当に引っ張ってきた本で、しかも今まで気にならなかった所が
    気になったので今の自分に足りない事なのかもしれず…
    web拍手 by FC2

    テーマ:ひとりごと
    ジャンル:日記
    LifeTouch Noteの開閉度調整重り
    2012年04月06日 (金) | 編集 |
    WiMaxを導入してから今までちょっと休眠中だった
    LifeTouch Note」(以降Noteと明記)をモバイル機として使用する頻度が
    高くなってきたのですが、

    こちらの機体、実はキーボード側よりモニター(液晶)側の方が重くて
    直角を少し過ぎた辺りまで開くと後ろにひっくり返ってしまうんです…

    実際、直角を少し過ぎた程度の開きでは画面も見にくいですし
    文字も打ちづらいので今回はこの問題を解決(?)すべく工夫してみました!

    元ネタは価格.comさんの
    10グラム程度の重りをつけたら!
    (まさちゃん98さん情報有り難う御座いました)

    なのですが、若干細かい部分が無くて私自身が購入を迷ってしまったので
    細かいところをメモしておこうかと。


    まず、今回の購入したのはこちらの2点
    画像 668

    左が重りを取付固定する為の両面テープ。
    失敗したときの為、はがせるタイプをチョイス!

    Noteに重りを止める場所が若干Rがかかってるので
    出来れば厚みのある両面テープの方が良いと思います。

    そして右が今回の主役の重り用「補助金具」。
    色を合わせる為に黒に塗装済みをチョイスしました。

    今回重りとして使用したのは
    長さ: 100mm
    幅 : 18mm
    板厚: 2.9mm

    を使用しました。

    サビとか気になる人はステンレス製を購入された方が良いかも。
    個人的には塗装がちゃんとしてあれば鉄でも問題ないと思います。
    錆びるくらいまで湿度あったらNoteの方が先に壊れるでしょうし…

    ということで、
    幅18mmの重りに、幅15mmの両面テープを貼付けます。
    適当に買った割には重りと両面テープの幅がピッタリで良い感じ♪
    そして、いざ本体に装着!(`・ω・´)
    画像 678

    幅がいっぱいいっぱいでしたが、なんとかスピーカーに被らない様
    貼付けることが出来ましたΣd(ゝ∀・)

    今回は幅が18mmでこの状態ですから幅に関しては20mm位が限界かな。

    そして、気になっていた厚みに関してはこちら!
    画像 679
    本体の止める場所が若干Rがかかっているので、重り自体も斜めに
    取付いているのですが、テーブル上などに置いても全く干渉無し!
    ガタ付きなどは一切無いです(・∀・。)

    板厚が2.9mmで両面テープが0.5mmなのでトータル3.4mm。
    硬いテーブルなどに強く置いた時に若干当たってる音がするので
    この辺りが限界数値かとおもわれ。

    結果はこのようになりました♪
    画像 680
    この角度まで開いても全然大丈夫になりましたヾ(*・ω・*)ノ
    普通に見える角度まで開いて画面にタッチしてもビクともしない!
    逆に倒れるのに慣れていたので、タッチする時に倒れないように本体を
    押さえてしまう(笑

    そして重りで出っ張りが出来た為、持ち運びする時に指が引っかかって
    持ち運びやすくなりました!
    おぉ、棚ぼたな感じだけどこれは便利だ(´ω`*)

    最後に今回の重りの重さを量ってみました。

    全体 10cm×1.8cm×0.29cm×7.85g/cm3 = 40.977
    大きい穴 (0.65cm÷2)^2×Π(10桁)×7.85/cm3×3個= 7.815
    小さい穴 (0.5cm÷2)^2×Π(10桁)×7.85/cm3×2個= 3.083

    40.977 - 7.815 - 3.083 = 30.079 ≒ 30g

    大体30グラムみたいです(・∀・;)
    思ったより重かったのね…
    価格.com情報では10グラムと言う話でしたが重ければ重いほど安定するかと。
    所詮グラム単位なので体感的な重さは変わらないですし。

    まとめ
    長さ: 本体を見た感じから150mmまでいけそう。
        長いor短い方が良いかはお好きに。
    幅 : 20mmが限界
    板厚: 3mmが限界
    重さ: 30gほどあるとタッチしても大丈夫なようになる
    ちなみにステンレスの方が鉄より比重が重いので同じサイズでも重くなります。


    以上!

    web拍手 by FC2

    テーマ:自作・改造
    ジャンル:コンピュータ
    ブログにてソース表示時のタグ
    2011年12月17日 (土) | 編集 |
    前回プログラムソースを掲載した際に
    ソースをそのまま貼り付けた状態だとインデントが崩れたり無くなったりして
    見にくくなってしまったので、どうしたものか?と色々探してみたところ
    <PRE>タグなる物を発見!(・ω・*)

    このタグは、PREformatted text(整形済みテキスト) の略だそうで
    ソース内に書かれているスペースや改行や等幅フォントをそのままで
    表示してくれます!

    まさにプログラムソースを表示する為にあるようなタグですね。

    幸いFC2ブログはタグに対応しているのでそのままソースの頭とお尻に
    付けて無事にインデント確保♪ 完成!ヾ(*・ω・*)ノ

    なんて思っていたら、
    ソース内に表示されているHTMLタグがテキストでは無く
    タグとして認識されて動いてしまってる!(´Д`|||)

    整形済みテキストって書いてあったから全ての文字がテキスト扱いかと
    思ってた違うんですね(ノω<;)

    ということで、タグをテキスト化する為に<>文字を書き換え。
    そのまま打ち込むとタグ要素として認識されてしまうので

    <は &lt; <は &gt;

    に置き換えました。
    でもこれは数があると大変かも(´ー`A;)

    ということで、更に探してみたら自動で変換してくれるページを発見!
    もっと早く探せば良かった(´・ω・`)

    HTMLタグ文字実体参照(文字参照)変換ツール

    HTML実体参照変換

    どちらもボタンで1発変換! 便利(*>ω<*)

    その他にも探して見た結果< や > や & をそのまま表示するタグを
    発見したのですが、「行儀の悪いタグ」として HTML4.01 で
    廃止されているそうな。
    残念(´・ω・`)
    web拍手 by FC2

    テーマ:プログラミング
    ジャンル:コンピュータ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。