管理人の管理人による管理人の為の掃溜め。
    スポンサーサイト
    --年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2


    難病医療費助成制度の変更
    2014年09月28日 (日) | 編集 |
    平成27年1日から変更となる
    『難病医療費助成制度』の申請書がやっと届きました。

    都道府県によって違いはありますが、個人用に大きく変わった所を
    メモってみる。

    ・「特定疾患治療研究事業」から
     「難病の患者に対する医療等に関する法律に基づく助成制度」に変更。


    ・自己負担限度額の階層区分が少なくなり負担額がアップ。
     今までは"生計中心者"の所得で階層区分が決まっていましたが
     今制度からは「世帯の所得」に変更。

     おかげで必要書類が世帯分必要になって凄く面倒。

    ・申請のための書類が変更。
     今まで取得していた人も今回は"新規"での申請となるので
     新規用の書類に変わってます。
     
     この新規の支給認定申請書って初めて特定医療費申請したときの書類と
     同じなので次回の継続申請からはいつもの申請書になりそうな感じ。

    ・申請時に医療機関の登録が必要
     これも上記と一緒で新規登録になるので必要。
     と言うか以前も必要だったし。

    ・院外薬局、訪問看護等の費用も自己負担限度額に含まれる。
     個人的に1番大きな変更となるのが院外処方箋の自己負担。
     正直今までが大盤振る舞いだった気もしますが、もう少し
     何とかならなかったのか…
     
     自己負担限度額の階層区分が少なくなって負担額アップしてるのに
     処方箋もこれに含まれるとほとんど全額自己負担と変わらない気が…

    ・入院時の食事負担料が変更。
     今までは通院と入院で自己負担限度額が大きく違っていたのに
     今回から同額となった。
     なので入院時の負担額がかなり安くなっている…
     
     処方箋の件と併せて考えると
     「入院しないで処方箋のみで済んでる軽症者が多い」ってこと?
     言い過ぎかもしれないけど「イヤなら入院してろ!」ってことなのか…


    改正前は「特定疾患制度から外れるのでは?」と言うことが懸念されて
    いましたが、とりあえず大丈夫だった模様(^_^;

    でも難病医療費助成制度自体が大幅変更となり
    全ての難病患者が対処になってしまっているのは残念。

    うーん、新規に医療予算を組まないとちょっと厳しそうだなぁ(・ω・`)
    関連記事
    web拍手 by FC2


    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。