管理人の管理人による管理人の為の掃溜め。
    スポンサーサイト
    --年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2


    Wordの文章校正機能使ってみた。
    2015年07月19日 (日) | 編集 |
    今までブログ記事を書く時には、1度テキストエディター(MIFES)上で
    構成してからブログに投稿しているのですが、

    プロ生(プログラミング生放送)にて紹介されていた
    『文章を書くときはテキストエディターよりWordの方が良い理由
    — 文章校正機能まとめ』


    を読んでみて、便利そうだったので
    早速Wordを使用してブログ記事を書いてみました!

    私が使用しているMIFESはプログラムに関しての
    校正機能は標準で搭載していますが、文章に対する校正機能は
    ないので、投稿後に読み直しては誤字脱字を直していたのですが、

    今回Wordの校正機能を使ってみたらあら不思議!
    間違っているところには赤い波線がバシバシ付くではないですか!
    (今更?)

    特にスペルチェックと誤字脱字、送り仮名などが便利!
    既に何回か指摘されています(^_^;

    昔はこの波線がなかなか消えなくてイライラした思い出ばかりでしたが
    校正機能の仕組みを理解すればかなり便利に使えそうです!

    しかし、校正文章の波線ついてネットで検索してみると、
    ほとんどが「波線の非表示のやり方」ばかりだった(笑

    とりあえず、しばらくは
    Wordの校正機能を使って記事を書いてみようと思いますヾ(*・ω・*)ノ
    今まで眠っていたWordを使うチャンス到来!って感じかな。

    上記の「校正機能まとめ」に書いていなかった部分を個人的に追記。

    赤い波線は「スペルミス」や「誤字」
    青い波線は「い抜き言葉」や「表現が正しくないもの」または
    「同じ言葉なのに表記が違っているもの」などに引かれます。

    今回の場合では「エディター」と「エディタ」表記が混合していると
    青い波線が引かれます。

    また波線が、なぜ引かれたか分からない場合は、
    「波線の文字を右クリック」
    すると理由と修正候補や対処方法が表示されます。
    無視するとかもあります(爆
    関連記事
    web拍手 by FC2


    テーマ:ブログ
    ジャンル:ブログ
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。