管理人の管理人による管理人の為の掃溜め。
    スポンサーサイト
    --年--月--日 (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    web拍手 by FC2


    八重の桜と薙刀
    2013年02月16日 (土) | 編集 |
    少し前に知人から「久々にNHKの大河ドラマ見たら薙刀出てたけど見た?」
    と言われ、そういえばMIXIのなぎなたコミュニティでも盛り上がってたなー
    と、興味が出てきたので今日の再放送を見て見ました(`・ω・´)

    見たのは第六回「会津の決意」。

    話題になっていた薙刀ですが、勝手に初めの方だけかと思っていたら
    結構稽古場面があったり紅白戦の場面もあったりとなかなか見所満載でしたね。
    舞台が幕末なので今で言うところの古流薙刀になるんでしょうけど。

    見た感じとしては結構迫力ありました!
    寸止めではなく本気で打っていて大分練習されたんだろうなぁと…

    それと脛当てと小手当て付けていたのはちょっとビックリでした。
    てっきりこの時代は薙刀の先端に布を巻いてやるものだとばかり思ってました。

    でも、流派によっては小手当て付けて演技したりしますから
    そんなに驚くことでもないのかもしれませんけど…

    今回は見ていて気になったのが間合いがすぐ狭い感じが(~_~;)
    撮影の為なのかこの流儀がそうなのかは分かりませんが
    長物同士の間合いとしては狭すぎる気がしました。

    稽古場面ではほとんど薙刀立てて受けたり打ったりと
    妙に忙しない感じでしたし。

    せっかくの長物なのだから、もうちょっと長く使用しても良かったのかなぁ
    と、形専門の私は思うのでありました(爆

    知人も言っていたけどこれで武道人口が増えるといいな♪
    と思う今日この頃です。
    関連記事
    web拍手 by FC2


    テーマ:大河ドラマ
    ジャンル:テレビ・ラジオ
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。